概要

アプリケーションセキュリティ

全アプリケーションに渡って、全ての既知の脆弱性を発見。ゼロデイ攻撃が発生する前に、攻撃を防止。既存のセキュリティ欠陥を素早く修正。ビジネス攻撃のため、脆弱性がどのように使われる可能性があるのか実際に確認。インシデントレスポンスと修正にかかる時間を格段に短縮。一方で、コンプライアンスに関連する経費を劇的に削減。

詳細を見る

Eメール保護

メールメッセージのオンラインスキャンを実行して悪意ある添付ファイル、リンクや送信元を検知。メールアーカイブ(パスワード保護やマルチパートアーカイブを含む)をスキャン。ソーシャルエンジニアリングベースのマルウェア攻撃からの保護。

さらに、スパムの課題に対応するため複数の評判リストを活用。

詳細を見る

ウェブ保護

悪意あるコンテンツからウェブアプリケーションとユーザーを積極的に保護。情報漏洩やウェブボットを検知。ユーザーがダウンロード/アップロードするコンテンツを監視。

詳細を見る

ファイルストレージ

感染したバイナリやドキュメントに加え、マルウェアを検知。マルウェアの広がりを阻止。元のファイルをスキャンすることなく、脅威の遡及分析や検出を実行。

詳細を見る

マルウェア研究

高度なサンドボックス技術を活用して、マルウェアの動作、ペイロードとインストレーションを詳しく記述したレポートを自動生成。詳細なレポートを使用することで、セキュリティチームはデジタルフォレンジック調査とインシデント対応を迅速に行うことができ、人手を介した分析の必要がなくなります。抽出したIOC、OpenIOC、およびMISPレポートは、顧客やセキュリティコミュニティと容易に共有が可能です。

詳細を見る

Eメール/ビデオ/ファイル ストレージサービス

企業クラスのストレージにおいてオブジェクトストレージが状況を転換しつつある中、劇的に増加するハードウェアや容量のニーズの展開で、数年後にはほとんどの既存のソリューションが拡張性の不足に苦しむかもしれません。当社のコンシェンス(Conscience)技術は、パフォーマンスを全く下げることなく、新しく使用されるハードウェアを自動的に発見します。さらに、コンシェンスオブジェクトストレージソリューションは、各機器のパフォーマンスを認識し、負荷を適切に分散させます。

詳細を見る