概要

毎日、世界中で45万件以上の新たな情報セキュリティ攻撃が記録される中、現在のアンチウイルス(AV)ソリューションでは、100%保護を保証できません。複数のAVツールを導入して検出率を高める企業が増えてきているものの、これは管理の負担を重くし、競合するAVシステム同士が問題を起こすこともあります。

ソリューション

複数のAV対策エンジンでマルウェアの検知率を向上

AVマルチスキャナーは、シマンテック、カスペルスキー、マカフィー、ESET、ビットディフェンダーやその他のソリューションのアンチウイルス定義を組み合わせ、 企業やIT統合業者、その他の大規模組織が日々晒される脅威を代表するマルウェアとAPTに対する保護を同時に提供します。それぞれのAVソリューションが他のAVソリューションと協調して動作するよう、各AVソリューションを最適化し、全体で脅威検出率が最大になるようになっています。

クラウドベースのAVソリューションとは異なり、セキュリティペリメーターの内側に導入されるため、機密データを第三者に渡すことなく、幅広いセキュリティタスクを対応することができます。

主な機能:

  • 複数のAVエンジンを一つのUIで管理可能
  • レトロスペクティブ分析
  • 静的解析
  • オフライン・アップデート可能

主なメリット:

  • 個々のファイルとアーカイブのマルチスレッドスキャン。
  • スキャンの結果とダウンロードされたオブジェクトを管理するための使い易いツール。
  • 新たに確認されたマルウェアによる影響を既に受けているシステムとファイルを再スキャン。
  • ネットワークトラフィック、Eメール、ファイルストレージとウェブポータルを含む複数の使用事例をサポート。
  • 既存の IT 基盤、IS 基盤との統合が容易な REST API と ICAP API。
  • 機密データをクラウドへ送信しない、VirusTotal を使ったスキャン結果の独立検証。
詳細